MENU

Flutter

Widget

AppBar

AppBarは、画面上部に表示されるアプリケーションバーを表すウィジェットです。AppBarは通常、アプリケーションのタイトル、アクションボタン、戻るボタンなどの要素を含むため、アプリのナビゲーションや操作をサポートします。

Text

Textはテキストを表示するためのウィジェットです。

Container

Containerは、UI要素を包むためのウィジェットです。Containerは、子要素を配置するためのボックスモデルを提供し、サイズ、パディング、マージン、デコレーションなどのスタイルを設定することができます。

Checkbox

Checkboxウィジェットは、ユーザーがオンまたはオフの状態を選択できるチェックボックスを提供するウィジェットです。

CustomPaint

CustomPaintウィジェットは、独自の描画を行うために使用されるウィジェットです。これを使用すると、画面上の特定の領域に対してカスタム描画を実行できます。CustomPaintは、CustomPainterというオブジェクトを使用して描画ロジックを提供します。

DropdownButton

DropdownButtonウィジェットは、ユーザーが選択肢から1つを選択するためのウィジェットです。一般的には、ドロップダウンメニューとして知られています。

ListView

ListViewはスクロール可能なリストを構築するためのウィジェットです。ListViewを使用すると、複数の子要素を垂直または水平にスクロールできるリストビューを作成できます。これは、大量のデータを一度に表示する必要がある場合や、動的なリストを表示する場合に特に有用です。

TextField

TextFieldはユーザーにテキストを入力させるためのウィジェットです。ユーザーはTextFieldをタップしてキーボードを表示し、テキストを入力できます。入力されたテキストは通常、アプリケーション内で利用されるため、フォームや検索機能などさまざまな場面で使用されます。

CupertinoTextField

CupertinoTextFieldはCupertinoデザインスタイルに基づいたiOSプラットフォーム向けのテキスト入力フィールドを提供するウィジェットです。iOSデバイスのネイティブな見た目や挙動を模倣するために使用されます。

Divider

Dividerウィジェットは、UIで水平線を描画するためのシンプルなウィジェットです。通常はリストアイテム間やセクション間など、異なる要素を視覚的に区切るために使用されます。

Flame

Flutterが学べる書籍

created by Rinker
シーアンドアール研究所
目次