MENU

【Flutter】2つの日付の差分を算出する方法

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

Flutter(Dart)で日付の差分を取得するには、difference メソッドを使用します。

以下はその例です。

  // 2つの日付を作成
  DateTime date1 = DateTime(2023, 12, 31);
  DateTime date2 = DateTime(2024, 1, 1);

  // 日付の差分を計算
  Duration difference = date2.difference(date1);

  // 結果を表示
  print('日付の差分: ${difference.inDays} 日'); // 日付の差分: 1 日
  print('日付の差分: ${difference.inHours} 時間'); // 日付の差分: 24 時間
  print('日付の差分: ${difference.inMinutes} 分'); // 日付の差分: 1440 分

上記の例では、日数、時間、分の差分を表示していますが、必要に応じて秒やミリ秒などの他の時間単位も取得できます。 difference.inSecondsdifference.inMilliseconds などといった具体的なプロパティも利用可能です。

目次

Flutterが学べる書籍

created by Rinker
シーアンドアール研究所
Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次