MENU

【Unity】AR Foundationで平面検知を行う

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

前提として、「AR Session」と「XR Origin」が追加された状態から解説します。

まだの場合は以下の記事を参考に追加しておいてください。

目次

平面検知を行うには?

平面検知を行うには、XR OriginAR Plane Managerをアタッチします。「Add Component」をクリックしてアタッチしましょう。

作成したAR Plane ManagerPlane Prefabという項目がありますが、何も設定されていないことがわかります。

こちらに平面の画像(Game Object)を設定することで、平面を検知した時に、その画像が表示されるようになります。

Plane Prefabを設定する

Hierarchyの+ボタンをクリックして、XR → AR Default Planeをクリックしてください。

AR Default Planeをプレハブ化します。プレハブ後、元のObjectは削除しておいてください。

プレハブ化したAR Default Planeを先ほど追加したAR Plane ManagerのPlane Prefabにアタッチします。

これで平面を検知した時に、Plane Prefabで設定したGameObjectが表示されるようになります。

Detection Mode はデフォルトで”Everything”になっており、この場合、水平面、垂直面の両方
を検出します。

実機で確認してみる

実機で確認すると平面を検知した時に、半透明の板状のものが表示されます。

関連記事

Unityが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次