MENU

【Unity】AR Foundationの初期設定手順

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

UnityでAR Foundationを使うための初期設定手順を解説します。

目次

AR Foundationパッケージのインポート

プロジェクトを開いたら WindowからPackage Managerを開きます。

「Packages: In Project」をクリックするとドロップダウンでメニューが表示されるので、「Unity Registry」をクリックします。

パッケージ一覧の中に「AR Foundation」があるので、こちらをクリックしてインストールします。

インストールの途中で下の画像のような警告が出た場合、Yesをクリックしてください。

ARKitパッケージのインポート

iOSデバイスにデプロイする場合、ARKitパッケージのインストールが必要です。

Package Managerの画面の一覧から「Apple ARKit XR Plugin」を選択してインストールします。

ARCoreパッケージのインポート

Androidデバイスにデプロイする場合、ARCoreパッケージのインストールが必要です。

Package Managerの画面の一覧から「Google ARCore XR Plugin」を選択してインストールします。

ビルドの設定

iOSでビルドする場合

メニュー「File → Build Settings」をクリックし、ビルド設定画面を開いたら「Platform」で「iOS」を選択し「Switch Platform」をクリックします。

メニュー「Edit → Project Settings」をクリックして、プロジェクト設定画面を開きます。

Player設定の「Other Settings」に「Camera Usage Description」という項目があるので、こちらにカメラを使う理由を入力します。

最後に「Project Settings → XR Plug-in Management」でiOSを選択し、「Apple ARKit」にチェックを入れます。

Androidでビルドする場合

メニュー「File → Build Settings」をクリックし、ビルド設定画面を開いたら「Platform」で「Android」を選択し「Switch Platform」をクリックします。

メニュー「Edit → Project Settings」をクリックして、プロジェクト設定画面を開きます。

Player設定の「Other Settings」にある「APIs Graphics API」という項目があるので、こちらのチェックを外します。

Graphics APIsにあるVulkanを削除します。

Minimum API Level を7.0以上にします。

ConfiguationのScripting BackendIL2CPPに変更します。

Target ArchitecturesのARM64にチェックを入れます。

最後に「Project Settings → XR Plug-in Management」でAndroidを選択し、「Google ARCore」にチェックを入れます。

簡単なARアプリを作って体験してみる

サンプルとしてCubeを配置し、それがカメラを通して表示されるか確認してみましょう。

AR SessionとXR Originを追加する

AR FoundationでAR機能を実装するには、「AR Session」と「XR Origin」が必要です。

Hierarchyの+ボタンをクリックして、追加してください。

XR Originにカメラが含まれているので、「Main Camera」を削除します。

Cubeを配置する

中央にCubeを配置します。

Scaleは1だと大きすぎるので、0.1ぐらいにしてください。

実機で確認する

「Build Settings」から「Build And Run」をクリックして実行します。

ビルドが終わると自動でアプリが起動し、動作を確認できます。

Unityが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次