MENU

【Unity】AR Foundationで顔の検知を行う

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

前提として、「AR Session」と「XR Origin」が追加された状態から解説します。

まだの場合は以下の記事を参考に追加しておいてください。

目次

顔の検知を行うには?

顔の検知を行うには、XR OriginAR Face Managerをアタッチします。「Add Component」をクリックしてアタッチしましょう。

作成したAR Plane ManagerFace Prefabに顔に表示するGameObjectを設定します。

Unity側であらかじめ用意されているものがあるので、それを使いましょう。

Face Prefabを設定する

Hierarchyの+ボタンをクリックして、XR → AR Default Faceをクリックしてください。

AR Default Faceをプレハブ化します。プレハブ後、元のObjectは削除しておいてください。

プレハブ化したAR Default Faceを先ほど追加したAR Face ManagerのFace Prefabにアタッチします。

これで顔が検知された時にFace Prefabに設定したGameObjectが表示されるようになります。

カメラの向きを変える

デフォルトではバックカメラが使用されるので、フロントカメラに切り替えます。

「XR Origin → Camera Offset → Main Camera」を選択肢、インスペクターのAR Camera ManagerにあるFace Direction を Userに変更します。

これで、フロントカメラを使えるようになります。

実機で確認してみる

関連記事

Unityが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次