MENU

【WidgetKit】テキストのローカライズ方法

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

WidgetKitでテキストをローカライズするには、Localizable.stringsファイルを作成して、ファイルにキーと値を追加します。

例えば、 “Hello, World!” を英語と日本語に分けたい場合、次のようにそれぞれのキーと値を追加します。

// 英語
"hello_world" = "Hello, World!";
// 日本語
"hello_world" = "こんにちは、世界!";

View上では LocalizedStringKey を使ってローカライズしたテキストを表示します。

struct MyWidgetEntryView: View {
    var entry: Provider.Entry

    var body: some View {
        Text(LocalizedStringKey("hello_world"))
    }
}
目次

SwiftUIが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次