MENU

【Unity】データのセーブ&ロード

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります
目次

データのセーブ

PlayerPrefs.Set●●(“キー”, 値)でデータをセーブできます。(●●には型の名前が入ります)

PlayerPrefs.SetInt("キー1", 100);
PlayerPrefs.SetString("キー2", "テスト");
PlayerPrefs.SetFloat("キー3", 10.0f);

PlayerPrefを使ってセーブできるデータの型は int, float, stringの3つのみです。

セーブしたデータのロード

PlayerPrefs.Get●●(“キー”)でセーブしたデータをロードできます。(●●には型の名前が入ります)

int highScore = 0;

// セーブデータがあれば、値を代入
if (PlayerPrefs.HasKey("highScore"))
{
   highScore = PlayerPrefs.GetInt("highScore");
}

セーブしたデータの削除

セーブデータの削除方法はキーを指定して削除するパターンと、全てのデータを一度に削除するパターンの2種類あります。

// 1つだけ削除
PlayerPrefs.DeleteKey("キー");

// 全削除
PlayerPrefs.DeleteAll();

Unityが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次