MENU

【C#】for文の書き方

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

for文は、繰り返し処理を行うための便利な構文です。

このページでは、C#のfor文の基本的な構文と使い方について簡単に解説します。

目次

for文の基本構造

for文は通常、次のような構造を持っています。

for (初期化; 条件式; 更新処理) {
    // 繰り返し実行したいコード
}
  • 初期化: ループの最初に一度だけ実行される部分です。通常、変数の初期化が行われます。
  • 条件式: 各繰り返しの前に評価され、結果がtrueであればループが続行されます。falseになるとループが終了します。
  • 更新処理: 各繰り返しの最後に実行され、通常は変数を更新する処理が含まれます。

例えば、1から10までの数値を順に表示する場合、次のように書けます。

for (int i = 1; i <= 10; i++) {
    Debug.Log(i);
}

このコードは、iを1から初めて、10以下の間繰り返し、各繰り返しでDebug.Log(i)が実行されます。

これにより、1から10までの数値が順にコンソールに表示されます。

カウンタ変数

先程の例のiはカウンタ変数と呼ばれる変数です。

これは通常、ループ内で使用される数値を表します。カウンタ変数の名前は任意で、i以外の名前でも構いませんが、通常はi, j, kなどが使われます。

逆順での繰り返し

逆順で繰り返すには、初期化、条件式、更新処理を適切に設定します。

例えば、10から1までの数値を逆順で表示する場合。

for (int i = 10; i >= 1; i--) {
    Debug.Log(i);
}

これで、10から1までの数値が逆順で表示されます。

Unityが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次