MENU

【C#】配列(Array)の使い方

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります
目次

配列(Array)とは?

配列は、同じデータ型の要素が並んだデータ構造です。

例えば、整数型の要素が5つ並んだ配列は以下のように表現できます。

int[] myIntArray = new int[5];

この例では、int型の要素が5つ並んだ新しい整数型の配列を作成しています。

配列の各要素は0から始まるインデックスでアクセスできます。

配列の初期化

先程の例では、ただ配列を作成しただけなので、中身の要素の値はint型のデフォルト値である0になります。

そのため配列を宣言した後、各要素に値を設定する必要があります。

myIntArray[0] = 1;
myIntArray[1] = 5;
myIntArray[2] = 3;
myIntArray[3] = 4;
myIntArray[4] = 2;

しかし、次のように書くことで、配列の宣言と初期化を同時に行うこともできます。

int[] myIntArray = { 1, 2, 3, 4, 5 };

このようにすると、配列のサイズは自動的に要素の数になります。

配列の要素へのアクセス

配列の要素にアクセスするには、インデックス(位置)を指定します。インデックスは0から始まります。

int thirdElement = myIntArray[2];  // 3番目の要素にアクセス

この例では、myIntArrayの3番目の要素(インデックス2)にアクセスしています。要素へのアクセスは読み取りや書き込みのどちらも可能です。

配列の操作

● 要素の編集

配列の特定の要素を変更するには、その要素に新しい値を代入します。

int[] myIntArray = { 1, 2, 3, 4, 5 };

// インデックス2の要素を変更
myIntArray[2] = 10;

// 結果: { 1, 2, 10, 4, 5 }

この例では、myIntArrayのインデックス2の要素を新しい値で上書きしています。

List<int> myList = new List<int> { 1, 2, 3, 4, 5 };

// インデックス2の要素を削除
myList.RemoveAt(2);

// myList: { 1, 2, 4, 5 }

● 配列の長さ(サイズ)取得

int length = myIntArray.Length;

Lengthプロパティを使って、配列の長さ(要素の数)を取得できます。

● 配列のループ処理

for (int i = 0; i < myIntArray.Length; i++) {
    // 配列の各要素に対する処理
    int element = myIntArray[i];
    Debug.Log(element);
}

forループを使用して、配列の各要素に順番にアクセスすることができます。

Unityが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次