MENU

【SwiftUI】オン・オフの切り替えスイッチを作るには?

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

オン・オフの切り替えスイッチを作るには Toggle(トグル) を使います。

書き方は次の通りです。

// 書き方パターン1
Toggle(isOn: $isToggleOn) {
    // ラベルとなるViewを記述
   Text("Toggle Switch")
}

// 書き方パターン2
Toggle("Toggle Switch", isOn: $isToggleOn)

isToggleOnの値がtrueになるとスイッチがONの状態に、falseになるとOFFの状態になります。

目次

サンプルコード

struct ContentView: View {
    // トグルの状態を管理するためのプロパティ
    @State private var isToggleOn = false
    
    var body: some View {
        // 垂直方向のスタック(VStack)を作成
        VStack {
            // トグルスイッチを表示
            Toggle("Toggle Switch", isOn: $isToggleOn)
                .padding() // 余白を追加
            
            // トグルの状態に応じて表示されるテキスト
            Text("\(isToggleOn ? "ON" : "OFF")")
                .padding() // 余白を追加
            
            // トグルとテキストを画面の上に寄せる
            Spacer()
        }
    }
}

テキストとトグルの間のスペースを埋めるには?

fixedSizeモディファイアをつけることで、テキストとトグルの間のスペースがなくなり真ん中に寄ります。

  Toggle("Toggle Switch", isOn: $isToggleOn)
                .fixedSize()

SwiftUIが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次