MENU

【SwiftUI】Linkビューの使い方を解説

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

Linkビューは、現在のビューから別の場所にナビゲートするために使用されます。

具体的には、ユーザーがタップしたときに指定した場所に遷移します。

目次

Linkビューの使い方

Link("リンクテキスト", destination: URL(string: "リンク先のURL")!)
  • 第1引数: ユーザーに表示されるテキスト
  • 第2引数: ユーザーがタップした時に、ナビゲートされる移動先のURL
struct ContentView: View {
    var body: some View {
        VStack {
            Text("Welcome to SwiftUI Links")
                .padding()
            
            // Linkビュー
            Link("Open Google", destination: URL(string: "https://www.google.com")!)
                .padding()
        }
    }
}

この例では、Linkビューを使用して「Open Google」というテキストを作成し、ユーザーがタップしたときにGoogleのウェブサイトにリンクするようにしています。

Linkのスタイルを変えるには?

Textビューなどと同様に、modifierを使用してスタイリングを行います。具体的には、font()foregroundColor()padding()background()などのmodifierを使用して、リンクの外観を変更することができます。

Link("Open Google", destination: URL(string: "https://www.google.com")!)
    .padding()
    .font(.title)
    .foregroundColor(.white)
    .padding(5)
    .background(Color.blue)
    .cornerRadius(10)

SF Symbolと組み合わせて使う

SF Symbolとリンクのテキストを組み合わせあるにはイニシャライザ内でHStackを使い、SF Symbolとテキストを横並びにします。

// SF SymbolとLinkビューを組み合わせて使用
Link(destination: URL(string: "https://www.google.com")!) {
    HStack {
        Image(systemName: "globe")
        Text("Open Google")
    }
    .padding()
    .font(.title)
    .foregroundColor(.white)
    .background(Color.blue)
    .cornerRadius(10)
}

SwiftUIが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次