MENU

【SwiftUI】フォントサイズの種類とサイズのカスタム方法

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります
目次

フォントサイズの種類

iOS側であらかじめ用意されているフォントサイズは次の通りです。

スクロールできます
フォントスタイル用途
.largeTitle画面の大見出しに適しています。
トップページやセクションの見出しなどに使用されます。
.title大きな見出しに使われ、.largeTitleよりも小さいです。
セクションの見出しやページのタイトルに適しています。
.title2.title よりも小さいサイズの見出しに適しています。
ページ内の小セクションの見出しに使用されることがあります。
.title3.title よりも更に小さいサイズの見出しです。
より細かいセクションやヘッダーに使われることがあります。
.headline通常の本文よりも大きな見出しに適しています。
主要なコンテンツや記事のタイトルに使用されます。
.subheadline.headline よりも小さい見出しで、補足情報やサブタイトルに使用されます
.body通常の本文に適したフォントサイズです。
一般的な文章や段落に使用されます。
.callout通常の本文よりも大きいが、見出しよりも小さいサイズで、注釈や補足情報に適しています。
.footnote.body よりも小さいサイズで、通常はテキストの下に注釈や脚注として使用されます。
.caption画像のキャプションや細かな説明に使われます。
.caption2.caption よりもやや小さいサイズのフォントで、細かいキャプションや説明に使用されます。
import SwiftUI

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        VStack(spacing: 20) {
            Text("Large Title").font(.largeTitle)
            Text("Title").font(.title)
            Text("Title2").font(.title2)
            Text("Title3").font(.title3)
            Text("Headline").font(.headline)
            Text("Subheadline").font(.subheadline)
            Text("Body").font(.body)
            Text("Callout").font(.callout)
            Text("Footnote").font(.footnote)
            Text("Caption").font(.caption)
            Text("Caption2").font(.caption2)
        }
        .padding()
    }
}

フォントサイズを自分で設定するには?

.font(.system(size: フォントサイズ))

用意されたフォントサイズではなく、自分でフォントサイズを指定したい場合、sizeパラメータにサイズを設定します。

import SwiftUI

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        Text("Hello, SwiftUI!")
            .font(.system(size: 50)) // フォントサイズを指定
    }
}

カスタムフォントを使う場合の書き方

.font(.custom("カスタムフォント名", size: フォントサイズ))

カスタムフォントを使う場合は、表示するフォント名とフォントサイズを指定します。

SwiftUIが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次