MENU

【Swift】if文の書き方

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります
目次

Swiftにおけるif文の構造

Swiftのif文は以下のような構造を持ちます。

if 条件 {
    // 条件が真の場合に実行されるコード
} else if {
    // 最初の条件が偽で、かつこの条件が真の場合に実行されるコード
} else {
    // どの条件も満たされない場合に実行されるコード
}

条件は真偽値(trueまたはfalse)を評価できる任意の式です。

else ifは最初のifの条件は満たさない場合に実行されるコードを指定します。

elseはどの条件も満たされない場合に実行されるコードを指定します。else ifelseは省略可能です。

● サンプルコード

let score = 85

if score >= 90 {
    print("優秀な成績です")
} else if score >= 70 {
    print("良い成績です")
} else {
    print("もう少し頑張りましょう")
}

条件が複数ある場合の書き方

「if A かつ B」や「if A あるいは B」のように複数条件がある場合は、&&||を使います。

&&(and)を使用する場合

let isWeekday = true
let isRaining = false

if isWeekday && !isRaining {
    print("外に出かけることができます")
} else {
    print("外に出かけるのは避けた方が良いかもしれません")
}

この例では、isWeekdaytrueであり、isRainingfalseの場合に「外に出かけることができます」というメッセージが出力されます。

&&は論理積(and)を表し、両方の条件がtrueの場合に全体がtrueとなります。

||(or)を使用する場合

let isSunny = true
let isHoliday = false

if isSunny || isHoliday {
    print("外に出かけると楽しいかもしれません")
} else {
    print("外に出かける理由があまりありません")
}

この例では、isSunnytrueまたはisHolidaytrueの場合に「外に出かけると楽しいかもしれません」というメッセージが出力されます。

||は論理和(or)を表し、どちらか一方がtrueであれば全体がtrueとなります。

否定(!)を使った条件

Swiftでは、!(否定演算子)を使用して条件を否定できます。

let isCloudy = true

if !isCloudy {
    print("晴れています")
} else {
    print("曇っています")
}

この例では、isCloudytrueである場合には、!isCloudyfalseとなり、「晴れています」というメッセージが出力されます。

逆に、isCloudyfalseの場合には、「曇っています」というメッセージが出力されます。

配列に特定の要素が含まれているか判定する条件

配列に要素が含まれているかどうかを判定するには、containsメソッドを使用します。

let fruits = ["りんご", "ばなな", "いちご", "ぶどう"]

let targetFruit = "いちご"

if fruits.contains(targetFruit) {
    print("\(targetFruit)はリストに含まれています")
} else {
    print("\(targetFruit)はリストに含まれていません")
}

この例では、fruitsという配列にtargetFruitとして指定された要素が含まれているかどうかを判定しています。

containsメソッドは、配列が指定された要素を含んでいる場合はtrueを返し、含んでいない場合はfalseを返します。

SwiftUIが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次