MENU

【Python】List(リスト)の使い方

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

リストは、データを順序付けて保存するためのデータ構造で、非常に便利なものです。

このページではリストの使い方について解説します。

目次

リストの作成

リストは、角かっこ([])で要素を囲んで作成します。要素はコンマで区切ります。

fruits = ["apple", "orange", "grape", "lemon"]

リストには異なるデータ型の要素を含めることもできます。

mixed_list = [1, "Hello", 3.14, True]

リストの要素へのアクセス

リストの各要素は、0から始まるインデックスを持ちます。要素にアクセスするには、インデックスを使います。

fruits = ["apple", "orange", "grape", "lemon"]
print(fruits[0])  # apple

リストの操作

要素の追加

新しい要素をリストに追加するには append() メソッドを使用します。

fruits = ["apple", "orange", "grape", "lemon"]
fruits.append("cherry") # リストの最後にcherryが追加されます 

append() メソッドはリストの最後の位置に要素を追加します。

任意の位置に要素を追加するには、insert() メソッドを使用します。

fruits = ["apple", "orange", "grape", "lemon"]

# インデックス0の位置に新しい要素 "cherry" を追加
fruits.insert(0, "cherry")

要素の削除

要素を削除するには、remove() メソッドまたは del ステートメントを使用します。

fruits.remove("apple")  # appleを削除します
del fruits[0]      # インデックス0の要素を削除します

要素の書き方

リストの要素を書き換えるには、その要素のインデックスを指定して新しい値を代入すれば良いです。

my_list = [1, 2, 3, 4, 5]

# インデックス2の要素を書き換える
my_list[2] = 10

リストの結合

+ 演算子を使用してリストを結合できます。

new_fruits = fruits + ["kiwi", "pineapple"]

リストの長さ(要素数)

リストの要素数は len() 関数で取得できます。

fruits = ["apple", "orange", "grape", "lemon"]
length = len(fruits)  # 4

リストのループ

for ループを使用してリストの要素に順番にアクセスできます。

for element in my_list:
    print(element)

リストのソート

リストをソート(並び替え)するにはsort() メソッドを使います。

昇順にソートする場合はデフォルトで行われますが、降順にソートしたい場合は reverse=True を指定します。

number_list = [3, 1, 4, 1, 5, 9, 2, 6, 5, 3, 5]

# 昇順でソート
number_list.sort()
print(number_list)  # 出力: [1, 1, 2, 3, 3, 4, 5, 5, 5, 6, 9]

# 降順でソート
number_list.sort(reverse=True)
print(number_list)  # 出力: [9, 6, 5, 5, 5, 4, 3, 3, 2, 1, 1]

Pythonが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次