MENU

【Python】関数(function)の定義と呼び出し方法

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

関数は、再利用可能で効率的なコードを書くために非常に重要な概念です。

関数は一連の処理をまとめ、必要なときに呼び出すことができます。

このページでは、関数の定義方法と定義した関数を呼び出す方法を紹介します。

目次

関数の定義

関数はdefキーワードを使用して定義されます。

def 関数名(引数1, 引数2, ...):
    # 実行する処理を書く
    return 結果
  • 関数名: 関数の名前を識別するための名前です。
  • (引数1, 引数2, ...): 関数に渡す入力値のパラメータです。引数がない場合は空のカッコ () で定義します。
  • return 結果: 関数が何かしらの結果を返す場合に使用します。返す値がない場合return文は省略できます。

関数を使った例

ここでは簡単な関数の例として、2つの数を足し合わせる関数を作成してみましょう。

def add_numbers(a, b):
    result = a + b
    return result

この関数では、引数 ab を受け取り、それらを足し合わせた結果を返します。

関数の呼び出し

関数を使用するには、関数名を呼び出し、必要な引数を渡します。

result = add_numbers(10, 20)
print(result)  # 出力: 30

この例では、add_numbers 関数に引数として 1020 を渡し、その結果を変数 result に格納しています。

その後、print()関数で結果を表示しています。

デフォルト引数

関数にはデフォルト値を持つ引数を指定することができます。これにより、引数が渡されない場合にデフォルト値が使用されます。

def greet(name = "Guest"):
    print("Hello, " + name + "!")

この関数では、name という引数があり、デフォルト値は “Guest” です。引数が渡されない場合、関数は “Hello, Guest!” と表示します。

greet()          # 出力: Hello, Guest!
greet("John")   # 出力: Hello, John!

Pythonが学べる書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次