MENU

【Kotlin】配列の使い方

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります
目次

配列の宣言と初期化

Kotlinで配列を宣言するには、次のようにします。

// Int型の配列を宣言して初期化する
val numbers: Array<Int> = arrayOf(1, 2, 3, 4, 5)

// String型の配列を宣言して初期化する
val names: Array<String> = arrayOf("John", "Jane", "Doe")

型名はArray <要素の型>となります。

配列の要素へのアクセス

配列の要素にアクセスするには、添字(インデックス)を使用します。

Kotlinの配列のインデックスは0から始まります。

val firstNumber = numbers[0] // 最初の要素にアクセス
val secondName = names[1]    // 2番目の要素にアクセス

配列の要素の変更

配列の要素を変更するには、単純にインデックスを指定して新しい値を代入します。

numbers[0] = 10
names[2] = "Smith"

配列の要素数

配列のサイズ(要素の数)にアクセスするには、size プロパティを使用します。

val sizeOfNumbers = numbers.size

配列のループ

配列の要素をループして処理するには、for ループを使用できます。

for (number in numbers) {
    print(number)
}

for (name in names) {
    print(name)
}

Null許容型の配列

配列内の要素がnullを含む場合、Array<T?> のようにnull許容型を使用することができます。

val nullableArray: Array<String?> = arrayOfNulls(5) // nullを含むString型の配列を宣言して初期化
Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次