MENU

【Jetpack Compose】Toastの使い方 | 簡単なメッセージを一時的に表示させる

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

Toastは、簡単なメッセージを一時的にユーザーに表示するときに使う機能です。

このページではこのToastの使い方を解説します。

目次

Toast メッセージを表示する方法

Toastを表示するには以下のように書きます。

val context = LocalContext.current
 
Toast.makeText(
    context, 
    "表示するメッセージ"
    Toast.LENGTH_SHORT
).show()

LocalContext.currentは、Composeの@Composable関数内で使用される特別な関数で、この関数を使用し現在のコンポーザブルが関連付けられているコンテキストを取得します。

このコンテキストを使って、Toastを表示します。

Toast.makeText(context, "表示するメッセージ", Toast.LENGTH_SHORT)でToastメッセージを作成し、.show()で作成したToastメッセージを表示しています。

Toastを少し長い時間表示したい場合は、サンプルコードのToast.LENGTH_SHORTToast.LENGTH_LONGに変更してください。

Toastを使ったサンプルコード

import android.widget.Toast
import androidx.compose.foundation.layout.fillMaxWidth
import androidx.compose.foundation.layout.padding
import androidx.compose.material.Button
import androidx.compose.material.Text
import androidx.compose.runtime.Composable
import androidx.compose.ui.Modifier
import androidx.compose.ui.platform.LocalContext
import androidx.compose.ui.unit.dp

@Composable
fun ToastView() {
    val context = LocalContext.current

    Button(
        onClick = {
            showToast(context, "登録しました")
        },
        modifier = Modifier
            .fillMaxWidth()
            .padding(16.dp)
    ) {
        Text(text = "Save")
    }
}

fun showToast(context: android.content.Context, message: String) {
    Toast.makeText(context, message, Toast.LENGTH_SHORT).show()
}


この例では、「Save」ボタンを押すと画面の下側に「登録しました」のメッセージが表示されます。

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次