MENU

【Jetpack Compose】TextField Composableの使い方 | テキストが入力できるフィールドを作成する

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

TextField コンポーザブルは、ユーザーがテキストを入力するためのフィールドを提供するUI部品です。

目次

TextFieldの基本的な使い方

TextField(
    value = "入力されたテキスト",
    onValueChange = {
        // ユーザーが入力したテキストが変更されたときに呼ばれるコールバックです
    },
    label = { Text("Enter your text here") }, // ユーザーに入力する内容を示すラベルを設定します  
)

TextField には、valueonValueChange という2つの重要なパラメータがあります。

value はテキストフィールドに表示されるテキストを管理し、onValueChange はユーザーがテキストを変更したときに呼び出されるコールバック関数を定義します。

labelはユーザーに何を入力すれば良いのかヒントを示すものです。

例えば名前の入力欄であれば「名前」や「田中 太郎」と言ったような文言を入れて、ユーザーが見たときに「あ、名前を入力すれば良いのね!」とすぐにわかってもらえるようなテキストを準備しておきます。

TextFieldを使った簡単な例

import androidx.compose.foundation.layout.*
import androidx.compose.material.*
import androidx.compose.runtime.*
import androidx.compose.ui.Modifier
import androidx.compose.ui.text.input.TextFieldValue
import androidx.compose.ui.tooling.preview.Preview
import androidx.compose.ui.unit.dp

@Composable
fun MyTextField() {
    // TextField の状態を保持するための mutableStateOf を使います
    var text by remember { mutableStateOf(TextFieldValue()) }

    TextField(
        value = text,
        onValueChange = { text = it },
        label = { Text("名前を入力") }, // ユーザーに入力する内容を示すラベルを設定します
        modifier = Modifier
            .padding(16.dp)
            .fillMaxWidth() // 横幅いっぱいに広がるように設定します
    )
}

@Preview(showBackground = true)
@Composable
fun PreviewMyTextField() {
    MyTextField()
}

TextFieldのデザインを変更する

テキストのスタイルを変更する

TextField(
    value = text,
    onValueChange = { newText -> text = newText },
    label = { Text("名前を入力") },
    textStyle = TextStyle(color = Color.Red, fontSize = 16.sp) // 色を赤に、サイズを16.spに
)

背景色や枠線の色を変更する

背景色や枠線のスタイルをカスタマイズするには、引数 colors を使用します。

TextField(
    value = text,
    onValueChange = { newText -> text = newText },
    label = { Text("名前を入力") },
    colors = TextFieldDefaults.textFieldColors(
        backgroundColor = Color.Yellow,
        focusedIndicatorColor = Color.Blue, // フォーカス時の枠線色
        unfocusedIndicatorColor = Color.Red // フォーカスが外れたときの枠線色
    )
)

フォーカスが外れた時

フォーカス時

枠線(下線)を消したい場合は、focusedIndicatorColorunfocusedIndicatorColorColor.Transparent に設定するとできます。

枠線でTextFieldを囲む方法

枠線でフィールドを囲み、さらに角を少し丸めたい場合は次のようにします。

  1. 引数 colors を使用して、枠線と背景を透明にします。
  2. Modifier.background()で背景色、Modifier.border()で枠線を追加します。
package com.naoyaono.jetbmicalculator

import androidx.compose.foundation.BorderStroke
import androidx.compose.foundation.background
import androidx.compose.foundation.border
import androidx.compose.foundation.layout.*
import androidx.compose.foundation.shape.RoundedCornerShape
import androidx.compose.material.*
import androidx.compose.material.MaterialTheme.colors
import androidx.compose.material.SnackbarDefaults.backgroundColor
import androidx.compose.runtime.*
import androidx.compose.ui.Modifier
import androidx.compose.ui.graphics.Color
import androidx.compose.ui.graphics.Color.Companion.Transparent
import androidx.compose.ui.text.TextStyle
import androidx.compose.ui.text.input.TextFieldValue
import androidx.compose.ui.tooling.preview.Preview
import androidx.compose.ui.unit.dp
import androidx.compose.ui.unit.sp

@Composable
fun MyTextField() {
    // TextField の状態を保持するための mutableStateOf を使います
    var text by remember { mutableStateOf(TextFieldValue()) }

    // TextField を表示します
    TextField(
        value = text,
        onValueChange = { text = it },
        label = { Text("名前を入力") }, // ユーザーに入力する内容を示すラベルを設定します
        modifier = Modifier
            .padding(16.dp)
            .fillMaxWidth()
            .background(
                Color.Yellow, 
                shape = RoundedCornerShape(8.dp)
            )
            .border(
                width = 2.dp,
                color = Color.Black,
                shape = RoundedCornerShape(8.dp)
            ),
        colors = TextFieldDefaults.textFieldColors(
            backgroundColor =Color.Transparent,
            focusedIndicatorColor = Color.Transparent,
            unfocusedIndicatorColor = Color.Transparent
        )
    )
}

@Preview(showBackground = true)
@Composable
fun PreviewMyTextField() {
    MyTextField()
}

入力できるテキストの行数を制限するには?

TextField(
    value = text,
    onValueChange = { newText -> text = newText },
    label = { Text("名前を入力") },
    maxLines = 1, // 1行に制限
)

キーボードを閉じるには?

LocalSoftwareKeyboardController.current?.hide() を呼ぶことでキーボードを閉じることができます。

以下、簡単な例です。

@OptIn(ExperimentalComposeUiApi::class)
@Composable
fun TextFieldWithKeyboardDismiss() {
  var text by remember { mutableStateOf("") }
  val keyboardController = LocalSoftwareKeyboardController.current

  TextField(
    value = text,
    onValueChange = { text = it },
    keyboardOptions = KeyboardOptions(imeAction = ImeAction.Done),
    keyboardActions = KeyboardActions(onDone = {
      keyboardController?.hide()
    }),
  )
}

@OptIn(ExperimentalComposeUiApi::class) アノテーションは、Jetpack Composeの実験的なAPIを使用することを示します。

LocalSoftwareKeyboardControllerはまだ実験的機能な機能であるため、こちらを記述する必要があります。

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次