MENU

【Jetpack Compose】Switch Composableの使い方 | オン・オフのスイッチを作る

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

Switch コンポーザブルは、ユーザーがオン/オフの状態を切り替えるためのスイッチです。

目次

Switchの基本的な使い方

Switch(
  checked = スイッチの状態(true or false),
  onCheckedChange = { 
     // スイッチを切り替えた時の処理
 }
)

Switchchecked にはtrueまたはfalseの値が入り、trueの場合はオン、falseの場合はオフを表します。

スイッチのオン・オフの状態が変更された時に、コールバック関数onCheckedChangeが呼ばれます。

以下、Switchを使った簡単なプログラムです。

import androidx.compose.foundation.layout.*
import androidx.compose.material.Switch
import androidx.compose.material.Text
import androidx.compose.runtime.Composable
import androidx.compose.runtime.getValue
import androidx.compose.runtime.setValue
import androidx.compose.runtime.mutableStateOf
import androidx.compose.runtime.remember
import androidx.compose.ui.Alignment
import androidx.compose.ui.Modifier
import androidx.compose.ui.unit.dp

@Composable
fun MyComposable() {
    var isChecked by remember { mutableStateOf(false) }

    Column(
        modifier = Modifier
            .padding(16.dp)
            .fillMaxWidth(),
        horizontalAlignment = Alignment.CenterHorizontally,
        verticalArrangement = Arrangement.Center
    ) {
        Text(text = "Switch is ${if (isChecked) "On" else "Off"}")

        Spacer(modifier = Modifier.height(16.dp))

        Switch(
            checked = isChecked,
            onCheckedChange = { isChecked = it }
        )
    }
}

Switchの色を変える方法

Switchが持つ引数colorsを使用して色をカスタマイズできます。

具体的には、checkedThumbColoruncheckedThumbColorcheckedTrackColoruncheckedTrackColorなどの色を変更することができます。

例として、先ほどのコードに次のようにcolorsを追加します。

Switch(
    checked = isChecked,
    onCheckedChange = { isChecked = it },
    colors = SwitchDefaults.colors(
        checkedThumbColor = Color.Blue, // オンのときの丸の色
        uncheckedThumbColor = Color.Red, // オフのときの丸の色
        checkedTrackColor = Color.Black, // オンのときのトラックの色
        uncheckedTrackColor = Color.Gray // オフのときのトラックの色
    )
)

オンの時とオフの時で色が変わっていることが確認できます。

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次