MENU

【Jetpack Compose】Column Composableの使い方 | 要素を縦に並べる

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

Column コンポーザブル は、縦方向にUI部品を配置するために使います。

目次

Column Composableを使うための準備

Column composableを使用するために、androidx.compose.foundation.layout.Columnをインポートします。

import androidx.compose.foundation.layout.Column

Column Composableの使い方

Column{
   子Composable1 // TextやButtonなど
   子Composable2
   子Composable3
   ・・・
}

簡単な例として、テキストを縦にいくつか並べてみましょう。

@Composable
fun MyColumn() {
    Column {
        Text(text = "Item 1")
        Text(text = "Item 2")
        Text(text = "Item 3")
    }
}

このようにColumの中にUI部品を追加していくだけで、それぞれが縦1列に並びます。

modifierを使ってスタイルを調整する

背景色や余白などのスタイルの設定にはmodifierを使います。

背景色を定義

@Composable
fun MyColumn() {
    Column(
        modifier = Modifier.background(Color.Yellow) // 背景色を黄色に
    ) {
        Text(text = "Hello,")
        Text(text = "Android!")
    }
}

余白を定義

@Composable
fun MyColumn() {
    Column(
        modifier = Modifier.padding(20.dp) // 余白を追加
    ) {
        Text(text = "Hello,")
        Text(text = "Android!")
    }
}

Column内の要素の配置方法を変更する

要素を水平方向に中央に寄せる

デフォルトではColum内の要素は左寄せになっています。

これを中央に寄せるには引数horizontalAlignmentArrangement.CenterHorizontallyを指定します。

Column(
    modifier = Modifier.padding(16.dp),
    horizontalAlignment = Alignment.CenterHorizontally,
) {
    Text(text = "Hello,")
    Text(text = "world!")
}

右側に寄せたい場合は、Arrangement.Endを指定するとできます。

要素を垂直方向に中央に寄せる

垂直方向に中央に寄せるには引数verticalArrangementArrangement.Centerを指定します。

@Composable
fun MyColumn() {
    Column(
        verticalArrangement = Arrangement.Center,
        ) {
        Text(text = "Hello,")
        Text(text = "Android!")
    }
}

他にも、Arrangement.TopArrangement.BottomArrangement.SpaceEvenly など色々あるので、実際に試してどう動くのか見てみてください。

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次