MENU

【Jetpack Compose】色の指定方法

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

Jetpack Compose で色を指定する方法はいくつかあります。

このページでは一般的な方法を紹介します。

目次

Colorクラスを使う方法

最も基本的な方法は、Jetpack Compose の Color クラスを使って色を指定することです。

Color クラスは、RGB や ARGB フォーマットで色を表現するための便利な方法を提供します。

import androidx.compose.ui.graphics.Color

val redColor = Color.Red
val greenColor = Color(0xFF00FF00) // ARGB フォーマット

Colorリソースを使う方法

Android プロジェクトでリソースとして定義された色を使用する場合は、androidx.compose.ui.res パッケージから colorResource() 関数を使うことができます。

import androidx.compose.ui.res.colorResource

val myColor = colorResource(id = R.color.app_bar_color)

使用する色はcolors.xmlに記述しておきます。

Material テーマカラーを使う方法

Jetpack Compose は Material Design をベースにしており、Material デザインのテーマカラーを使用することができます。

import androidx.compose.material.MaterialTheme

val primaryColor = MaterialTheme.colors.primary
val secondaryColor = MaterialTheme.colors.secondary
Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次