MENU

【Jetpack Compose】CircularProgressIndicatorの使い方 | ローディングを表示

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

CircularProgressIndicator は、ローディングや進捗状況を示すために使用されるUI部品の1つです。

これを使うことで、円形のインジケーターを表示してユーザーに作業の進行状況を示すことができます。

目次

CircularProgressIndicatorの基本的な使い方

単にぐるぐる回るローディングを表示したいだけであれば、次のようにCircularProgressIndicator()と書くだけで完了です。

CircularProgressIndicator()

CircularProgressIndicatorで進捗状況を表示する

進捗状況を表示したい場合は、引数 progress に0f~1fの値を入力します。

0が0%で1が100%になるイメージです。

CircularProgressIndicator(
    progress = 0.6f
)

この例では進捗率が60%であることを表します。

CircularProgressIndicatorのインジケーターの色を変えるには?

引数 color に色を指定します。

CircularProgressIndicator(
    color = Color.Gray
)

CircularProgressIndicatorの線の太さを変えるには?

引数 strokeWidth にサイズ(dp)を指定します。

何も指定しない場合はデフォルトの4.dpが適用されます。

CircularProgressIndicator(
    strokeWidth = 8.dp
)

CircularProgressIndicatorの全体のサイズを変更するには?

CircularProgressIndicatorのサイズを変更するには、Modifierを使用してサイズを指定します。

CircularProgressIndicator(
    modifier = Modifier.size(100.dp), // 幅と高さを100dpに設定
)
Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次