MENU

【Jetpack Compose】Button Composableの使い方 | ボタンを作成する

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

Button コンポーザブルは、アプリ内でボタンを表示するためのUI部品です。

目次

Buttonの基本的な使い方

Button コンポーザブルを使ってボタンを表示するには、次のように書きます。

Button(onClick = { /* ボタンがクリックされたときの処理 */ }) {
    Text(text = "ボタンに表示したいテキスト")
}

onClick パラメータには、ボタンがクリックされたときに実行される処理を渡します。

Text にはボタンに表示されるテキストを記入します。

以下、ボタンを使った簡単な例です。

@Composable
fun MyComposable() {
    Button(
        onClick = {
            Log.d("ButtonClicked", "ボタンが押されました")
        },
    ) {
        Text(
            text = "詳細を表示",
            color = Color.White,
        )
    }
}

この例では、ボタンを押すとログとして「ボタンが押されました」と表示されます。

ボタンの装飾方法

ボタンのサイズを変更する

ボタンのサイズはmodifierを使うと変更できます。

@Composable
fun MyComposable() {
    Button(
        modifier = Modifier.fillMaxWidth(), // ボタンを画面の幅いっぱいに
        onClick = {
            Log.d("ButtonClicked", "ボタンが押されました")
        },
    ) {
        Text(
            text = "詳細を表示",
            color = Color.White,
        )
    }
}

ボタンの色を変更する

ボタンの色は引数colorsを使って設定します。

@Composable
fun MyComposable() {
    Button(
        modifier = Modifier.fillMaxWidth(),
        colors = ButtonDefaults.buttonColors(
            backgroundColor = Color(0xFFF85F6A) // ボタンの背景色を指定
        ),
        onClick = {
            Log.d("ButtonClicked", "ボタンが押されました")
        },
    ) {
        Text(
            text = "詳細を表示",
            color = Color.White,
        )
    }
}
Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次