MENU

事業用口座と個人用口座の資金移動の仕訳

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

個人事業主が「事業用口座 → 個人用口座」に資金移動した場合と「個人用口座 → 事業用口座」に資金移動した場合の仕訳処理について解説します。

目次

事業用口座 → 個人用口座に資金移動したとき

例:事業用口座 → 個人用口座に50,000円を資金移動した場合

借方貸方
事業主貸50,000普通預金(事業用口座)50,000

事業用口座から個人口座にお金を出金した場合、「経費」にはなりません。

そのため、勘定科目「事業主貸」を使って仕訳します。

事業主貸:個人事業主が事業資金を個人利用した場合に使われる勘定科目です。

個人用口座 → 事業用口座に資金移動したとき

例:個人用口座 → 事業用口座に50,000円を資金移動した場合

借方貸方
普通預金(事業用口座)50,000事業主借50,000

個人のプライベートの口座から事業用口座にお金を入金しても収入が増えるわけではありません。

そのため、勘定科目「事業主借」を使って仕訳します。

事業主借:個人の資金を事業資金として使用した場合に使われる勘定科目です。

関連書籍

Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次