MENU

[Flutter]一定時間経過後に処理を呼び出すには?

記事内に商品プロモーションが含まれる場合があります

Flutterで一定の時間経過後に処理を実施するには、Future.delayedメソッドやTimerクラスを使用できます。以下に、それぞれの方法の例を示します。

目次

Future.delayedメソッドを使用する方法

// 5秒後に処理を実行する例
Future.delayed(Duration(seconds: 5), () {
  // ここに実行したい処理を書く
  print('5秒後に実行されました!');
});

Timerクラスを使用する方法

import 'dart:async';

Timer(Duration(seconds: 5), () {
   // ここに実行したい処理を書く
   print('5秒後に実行されました!');
});

Flutterが学べる書籍

created by Rinker
シーアンドアール研究所
Share
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次